▼004号
-----------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                              2016/4/11

     『Blogで本を紹介しちゃいます。』
                vol.004
【007スペクター 70点(100点満点中)】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《目次》
01.映画評001号
02.実験的コラム
08.編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【01.映画評 007スペクター 70点(100点満点中)】

■今日の映画【1】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

007 スペクター 70点(100点満点中)
<Amazon.co.jpで購入する>



■あらすじ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ダニエル・クレイグ主演による「007」シリーズ第24弾。“スカイフォール”で手にした写真の謎に迫るべく、ボンドは単独でメキシコ、ローマに赴く。そこでボンドは悪の組織・スペクターの存在を突き止める。

■率直な話として、スカイフォールで辞めておけば良かった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前作「007スカイフォール」はまさに名作に値する作品でした。その勢いで前評判の高かった本作ですが、正直に言って前作以下の完成度です。前作が分かりやすいプロット。強烈な悪役。そして、Mの死という劇的な結末に向かっていったのに対して、本作は2億ドルという制作費を使っておきながら、何コレという感じです。

■007ファンじゃないと分からない作品。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本作を底評価にするか高評価にするかは、007を愛しているか?という事に尽きると思います。そもそも本作のキーであるスペクターという秘密組織。

007ファンの間ではお馴染みの組織ですが、殆どの人はよく分からない。まぁ本作で詳細に解説されているならともかく、(そんなの知ってて当然しょ!)とい製作陣の奢りがあると思います。

そして本作では007ファン向けの要素が多分に盛り込まれている。それを知っている人はニャリですが、知らない人は意味不明です。

若い人からすれば、007でボンドが乗る車(アストンマーチン)に関してもただの車でしょう。

■結局、スペクターが分からない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これが大問題でしょう。結果的にある人物がある行為を行うための組織なんですが、詳細な説明は無い(たぶん詳細に言葉で語ると陳腐感が出るからでしょう)ので最後まで?な感じです。

最後の方で(あ〜スペクターという組織はそういう事がやりたかったんだね)という事が分かると思いますが、別に驚きはありません。(スペクターってすげぇ組織なのか)とはボクは思いませんでした。何なら、オースティンパワーズの悪役の方がまだ悪役っぽいですよね。

■爆破のシーンが実写なのにCGにしか見えない問題。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これは前評判で噂になっていた、ある施設の爆破のシーンです。映画史においてギネスに認定された爆破ですが、これが明らかにCGにしか見えない。あまりにもCGの技術が発達したために、実写感があんまり無いんですよね。

例えば、中にカメラを置くとか、複数のアングルで見せるとか。もっと実写っぽく映る撮影方法は無かったのか?と思います。

■敵役がまんまスカイフォールの時と同じ展開。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スカイフォールでMI6に捕まった悪役シルヴァが牢獄にガラス越しで話すシーン。そして、その直後に爆破されるMI6の本部。これがスカイフォールの一場面ですが、本作も爆破の展開もそのロジックと殆ど同じです。あと、ラストで敵がやられるシーンはどう考えても2億ドルの制作費のオチとは思えません。

■本作でダニエルクレイグの007は最後かもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ネタバレを避けて言うと、最後の意味ありげなラスト。たぶんですが、本作でダニエルクレイグ版の007は最後なんじゃないか?とボクは思いました。もっと言うと007シリーズそのものが最後という可能性すらあります。最後のアストンマーチンのシーンがまさにそう言う意味だと思います。

■感想。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2時間超という長編の中でスカイフォールを連想させるキャラクター。

中身の無い展開を含めて、期待していたほど面白くは無かったです。そう考えると、ローグネーションにおけるトムクールズは本当に映画界のかがみとさえ感じました。

007が超好きだったら割とガッカリだし、逆に殆ど見てない人だと(何これ?)ですよね。

やっぱり、そう考えるとスカイフォールは改めて名作だと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<本の採点の基準>  

90〜100点 すごい名著!  
80〜90点 おもしろい!  
70〜80点 買って損はない!  
60〜70点 何箇所か気になる部分があった!  
50〜60点 値段によっては不満が残る!  
50点以下 レビューだけで満足!買わない事をオススメする。

<映画の採点の基準>  
90〜100点 人生に残る名作。もう一度観たい。  
80〜90点 おもしろかった。  
70〜80点 映画館で1800円で観て納得。  
60〜70点 予告編の方が面白かった。  
50〜60点 ちょっと元が取れないかな?  
50点以下 金返せっ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【03.編集後記】

アリエクスプレスで買ったイヤホンが10日経っても届かないのでショップに確認したら、まだ倉庫にあると言われた。

EMSだったら4日あれば日本に届くはずなのに、おかしいと思ってました。

結果的に送ってくれるみたいですが、改めて日本の物流って丁寧で行き届いているサービスなんだなと感じました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ほぼ毎日、朝8時ごろに更新中です。朝通勤中に読んでAmazonでぽちったり、帰りに本屋さんで購入する際の参考になれば幸いです。

■LINEをお使いの方は下のボタンから読者登録可能です。登録して頂くと最新のビジネス書評や映画評が届きます。ぜひぜひ登録お願いします。
↓↓↓

↑↑↑


スポンサーリンク