ネットフリックスが日本に来る前に読んでみました。
WOWOWと言えば最近では錦織効果で加入者が急増して株価がうなぎ上りという話を聞きます。

本書はそんなWOWOW黎明期に会社を再建した佐久間昇二氏に関する本です。
日本のジャックウェルチ元GEの経営者で20世紀最高の経営者として知られる。)なんて本書で書かれてます。たぶん殆どの人は知らないと思いますが、WOWOWが放送を開始した当時、80年代後半〜90年代前半にかけてテレビを有料で見る文化が殆どなかったわけです。




それこそNHKの受信料はありましたが、野球のナイターが20%越えの視聴率を稼いでいた時代に、今のように「新作映画が2000円で見れる」とか「あのアーティストのライブが」といった文化が無かった。そのせいで、90年代後半までWOWOWは多額の累積赤字を計上する事になるわけです。

で、本書の話ですが、時系列でWOWOWを再建した様子が綴られているわけですが、まぁ〜読み物としてつまらないわけです。まず本人が書いた本ではない事が致命的です。やっている事は正しい。例えば、経費を削減したり放映権の削減。それをテコに会員数を増加させる。

余談ですが、今のWOWOWの会員数200万件前半〜後半は90年代後半と比べてあまり変わりが無い事です。あそらく日本で有料チャンネルを加入しようと思う層はその辺が限界なのでしょう。アメリカように、テレビ=お金を払ってみるものだ。といった感覚はあまり無いようです。

本書の話に戻ると、佐久間氏は経営者として功績を残したけれど、それは普通であって物語として面白くないわけです。それはソフトバンクの孫さんのように激動の人生だったら面白いわけですが、内面に対する描写はほぼ無いです。面白くはないですが、WOWOWの過去が知れる事は有用です。

決して、経営のお手本として読んではいけません。例えばね、それがWOWOWが放送した番組の歴史と連動して綴られていて、あ〜サザンのライブがあった時はこんな事があったのか。タイタニックの頃は、、といった話が載っていれば、あ〜面白いと思うのでしょうが、固いです。

ネットフリックスに興味があって日本の有料チャンネルの話に興味があれば買いです。

メルマガやってます。最新の映画評や書評が届きますので、もしよかった登録お願いします。

↓↓

・ほぼ日刊!Blogで映画と本を紹介しちゃいます。(メルマガ支店)
http://archive.mag2.com/0001591582/index.html
スポンサーリンク