最近、任天堂関連の話題としてDeNAと資本業務提携しソーシャルゲームを共同で開発する事が発表されました。その話題を受けて任天堂の株はストップ高まで買われたわけです。

つまり、任天堂やったな!

ですよね。

でも、ボクはこれには失望しました。

「任天堂がDeNAと資本業務提携しましたね。」

「任天堂は任天堂iPの活用なんて言ってますが、ボクは失望しました。激怒ぷんぷん丸です。」

「まぁ岩田社長曰く、マリオのゲームをそのままスマホに移植する事はない。と言ってますが、当然だろ!という感想です。」

「簡単に要約すればマリオのソシャゲをDeNAと共同で作るんでしょ?という事なんですが、ボクが失望した理由は、任天堂は未だにマリオか、、。という事です。確かにマリオは強い。でもそれはスクエニ批判でよくある過去の遺産の流用という事とイコールだと思います。」

「例で言えば、ディズニーにおけるミッキーマウスは上手いですよね。ディズニー=ミッキーですが、今やマーベルがあって、スターウォーズがあって、ピクサーがある。」

「任天堂の場合はマリオしかないじゃないですか?」

「結局のところ、今、ソシャゲで稼ぐ方法は一つしかなくて、アイテム課金ですよね。パズドラで言う魔法石ですが、いいの任天堂さん?という話です。」

「マリオのパズドラみたいのを作って、アイテム課金で儲ける。それでいいの?」

●任天堂はマリオと決別すべき。

「任天堂が今しなくちゃいけない事は任天堂iPの活用ではなく、マリオとの決別でしょ?」

「マリオがソシャゲになるって言っても、結局、宮本茂さんが作るんでしょ?」

「歴史的に見てマリオが繁栄したハードは売れないという任天堂のジンクスがある。」

「ファミコンだって、一番売れたのはスーパーマリオだけど、牽引したのはドラクエでありFF。」

「スーパーファミコンだって、マリオソフトはスーパーマリオワールドとスーパーマリオRPGくらいでしょ?」

「wiiuがこけた理由は、ソフトが無いのが理由だけど、ここからは推測。たぶん、wiiuはマリオが快適に動くという前提で作られてるんだと思う。ゲームパッドだって、スーパーマリオのためでしょ?」

「ニコニコの夏野さんが言ってたけど、任天堂は全てのソフトを定額で配信すべきだ。という主張。これには非常に同意です。」

●で、ニンテンドーNXの話。

「会見で発表されは新型機ニンテンドーNXの話だけど、ボクの推測としては、全てのハードで同じゲームが動くようにしたいんだろうね。」

「これは世界的な潮流だけど、最近のゲーム開発はハリウッド方式になってる。つまり、ハイリスクハイリターン。ディスティニーのように、何百億もの開発費。だから、同じソフトがps4でもxboxでも動くようにする。」

「でも、それは任天堂にとって諸刃の剣なんだよね。ps4みたいなゲームは任天堂ファンは求めてない。」

決別の所、任天堂がソシャゲに参入する=成功するというのは完全な誤解。結局、投資家も任天堂の事とかゲーム業界の事をよくわかってないよね。これからが戦いなんだよ。ツムツムは確かに成功したけれど、そこから爆発的な利益は得られない。Wii全盛の5000億円の営業利益をソーシャルゲームで補えるのか?と言われれば疑問です。USJのマリオ提携もそうですけど、ボクは純粋に任天堂はゲームメーカーであって欲しいと思ってます。
スポンサーリンク