最近は、アベノミクスに対して「終わった」「弱者切り捨て」「株をやっている奴だけ儲かった」といった主張をよく耳にします。それを汲み取ってか、書店に行けば「アベノミクス崩壊」「アベノミクスでハイパーインフレ」といった反アベノミクス的な本が大量に出版されています。で、本書は安倍政権のブレーンを勤め、リフレ派の代表的存在とも言える浜田宏一さんが反アベノミクスに真っ向から戦いを挑んだ本です。感想を最初に言えば、すごい本でした。

結局、反アベノミクスがを掲げる人の本を読むと「日銀が大量に国債を買っているからハイパーインフレが起こる」という胆略的な根拠しか書いてない。でも本書では、経済理論を分かりやすく噛み砕いた上で、丁寧にアベノミクスの正しさを論じているわけです。こんなに分かりやすい本は他に無いですね。もっと沢山語ろうと思ったんですが、やはりボクがさらさらっと要約できるほど簡単ではないので、とりあえず「すごい本だよっ!」という事はお伝えしておきます。

反リフレ派の適当な本を買うくらいだったら、これ1冊でOKです。
スポンサーリンク