アップルと言えば、様々な人物が関わってます。代表的なのは当然スティーブジョブズ。そして、共同創業者のウォズニアック。そして、君は一生砂糖水を売って生きる気かい?とそそのかされたジョン・スカリー。そして、もう一人の人物がアップル製品のデザインを担当しているジョナサン・アイブです。

唯一、ジョブズに可愛がられた男。

そのアイブの自伝的な本が1月9日に発売されるそうです。Amazonでふらっと見てたら発見しました。少年時代から今に至るまで詳細な話が書かれているようです。これは買いですな、速攻で予約です。

まだ発売前ですが、もしアップルのデザインに興味のある方がいれば手に取ってみてはいかかでしょうか?
スポンサーリンク