まず言っておきますと、この本は国内でしか働いた事が無いとか、今後も海外で働く機会が無い典型的な日本人サラリーマンの方が読むと「んっ!」と思います。勿論、小説仕立てで展開される海外のビジネススタイルと日本のビジネススタイルの違いは興味深いです。それ自体はとっても読み易くて面白いですが、一番の魅力は何と言っても環境の違いだと思います。たぶん、これから海外に出て行く人にはバイブルに。そして、一度でも海外に赴任した事がある方なら「うんうん、そうだよねー」という感想が返ってくると思います。



アメリカ人は働かない?は本当か、、。



多くの日本人が抱いているイメージとして、日本人は勤勉で真面目だ。という価値観があります。例えば、アリとキリギリス的に言う日本がアリでアメリカがキリギリス的な価値観を持っていると思いますが、アメリカ人は決して働いていないわけではない。むしろ、統計を取ると日本人よりも働いているというデータもあります。



本書では、日本企業が買収したある企業を題材に小説仕立てで物語が展開するわけですが、そこでまず問題となったのがアメリカでは期限通りに物事が進まない点です。例えば、あるプロジェクトにしても納期が遅れる事は日常茶飯事で、それに関しても危機意識を持っていない。では、なぜそうなるのか?というと、アメリカ特有のスタイルにあると著書には書かれています。



つまり、トップとトップ以外が縦割りで強烈に仕切られている。例えば、日本であれば「おーい、ここ遅れているぞ」と言えば皆で集まって期限通りに完成させる。でもシリコンバレーでは、まずトップから言われた事。命令された事以外は自分の管轄ではないわけです。日本の組織図はふわっとしている一方で、アメリカでは明確に仕切られた権限があるわけです。



子供や家族を優先させる。



ある意味で本書で一番驚きだったのがここです。例えば、子供の運動会があるとかピアノ発表会がある。といった場合、仕事よりもそちらが優先させる。日本では子供が寝静まった頃に返ってくるお父さんがある意味でかっこいい風潮がありますが、アメリカではまったくの逆です。



それでいて、つねに子供の自慢をするのがアメリカ流だそうです。

ただこれは別の本ですが、完璧な父親を演じる事が求められるアメリカではそれを苦に思っているビジネスマンも大勢いるとか、、。



例えば、ポジィティブにそれはクビを切るときも。



基本的にアメリカでの会話は8割型ポジティブだそうです。8割褒めて2割批判する。それくらいが丁度いいそうです。それは社員のクビを切るときも同じで、「あなたの仕事には問題が無かったですが、会社の組織変更によって残念ながクビになります。あなたに非はありません。」というのが普通だそうです。



日本人は非言語的



日本人が明確な言葉ではなく、非言語的なコミニュケーションを大切にする一方で、アメリカでは明確に言葉にする事が大切だそうです。行間を読むという習慣がそもそもアメリカには無い。明確にメッセージとして伝える必要があります。例えば、何をするにも契約書を作る文化がそうでしょう。



日本の会社は明確なビジョンを持っているか?



例えば、古くはソニーの盛田さんが書いた「自由闊達なる理想工場の創設」という言葉もありますが、アメリカではビジョンを明確化する事が求められます。Googleで言う「世界のあらゆるものを検索できるようにする」といった事ですが、これは以外だった点ですが、お金=アメリカというイメージがある一方で、アメリカの企業は明確なビジョンを持っている企業が多いという事です。



グローバルリーダーとしての条件



グローバルリーダーの条件つまり、それは日本の物とは大きく違うという事です。ただ、これがイコール日本で通用するのか?というと疑問で、特にシリコンバレーで通用する方法です。ただ、この本の一番の魅力は社員の処遇であったりビジョンが明確である事が、グローバルリーダーの条件である事です。
スポンサーリンク