イーロン・マスクの野望 未来を変える天才経営者 ジェフ・ベゾス 果てなき野望―アマゾンを創った無敵の奇才経営者 悪魔のサイクル(2013年新装版) (大前研一BOOKS(NextPublishing))



最近は、Kindle系の書籍が人気ですが、等ブログではリアル本中心に紹介しています。先月〜今月の始めにかけて出版された気になるビジネス書を5冊紹介します。年末の休みに一気に読んでもいいかもしれません。個人的には、テスラモーターズの創業者であるイーロンマスク氏の本が気になりました(※既に購入済みです。)。SoftBankの孫さん関係は熱いですね。



イーロン・マスクの野望 未来を変える天才経営者






テスラモーターズや宇宙旅行のスペースXなど企業を起こしたイーロンマスク氏の本。今、最も注目されている経営者の1人です。



ジェフ・ベゾス 果てなき野望






スティーブジョブス亡き今、最も注目されている経営者の1人です。日本でも送料無料やKindleなど次々に新しいサービスを提供していますが、本書ではよりベゾス氏の姿や野望に迫れるでしょう。



悪魔のサイクル






大前研一氏の処女作だそうです。現時点でやはり陳腐感は否めませんが、やはり大前氏ファンとしては買っておいて損はないと思います。書籍は12月13日発売ですが、Kindle版は既にダウンロード可能です。



キレるソフトバンク






ソフトバンク成功の秘密を探る。孫さん関係だといかに孫正義がカリスマ経営者か?という部分にスポットが当たりますが、本書は孫そんよりも躍進するソフトバンクの未来を綴ります。米携帯大手スプリント・ネクステルの買収裏話も満載です。



ホワイト企業 女性が本当に安心して働ける会社






結局自分でホワイト企業だというのも、どうかと思いますが、やはり一生懸命就活した先がブラックだったら悲惨です。特に、本書では女性にスポットを当ててホワイト企業の選び方を解説します。
スポンサーリンク