最近は、電子書籍も一般的なりましたね。それはAmazonが発売したKindleの影響も大きいですが、ここ半年近くでKindle本を大幅に値引きされる事も多くなりました。マーケットプレイス派の僕はやはり大半の本を中古で買うわけですが、かさ張る漫画などはKindleの方が圧倒的に有利です。(ONE PIECEは紙の本で買いますっ!)



iPad Macro
iPad Macro / Marcus T Ward




という僕も去年の年末に発売と同時に「Kindle Paperwhite」を予約して購入した口です。

で、それから1年近くが経過しますが、正直に言うと殆ど活用してませんww。



やはりマーケットプレイの方が安いという理由もありますが、何より問題なのは速度と画面の質ですよね。



たぶん紙の本に極限まで近づけた「e-インク」というものを使っているみたいですが、正直に言うと紙の本に近かったら紙の本でよくねぇ?中古で要らなくなったらBOOKOFFに売るしさ。という部分があるわけです。それに加えて、ページをめくる速度が超遅いです。という諸問題を抱えつつも、Kindle人気は高いです。それで僕は最近になって知ったんですが、Kindleは専用端末以外に、iPadでもアプリを使えば読めるという事を知ったわけです。我が家にはiPad miniがあるわけで、来年にはRetina版のminiも買うわけです。



やはりKindleのしょぼいスペックでは漫画は10冊〜20冊が限界ですし、何よりRetinaに加えて表紙がカラー(中身はカラーじゃないよ)っていうのが良いです。



それで思ったのが、別にタブレット持っているなら1万円も出して専用端末買う必要はなくなくない?という事です。1万円ってコミックに直したら20冊分以上なわけで、iPadの方が断然、有利じゃん!というわけです。勿論、ファン要素として紙の本の需要もあるわけですが、iPad最強じゃん!Kindleの専用端末要らないじゃん!というのが僕の感想です。



ありがとう、Kindle Paperwhite。

さようなら、Kindle Paperwhite。
スポンサーリンク