ENJILOGさんの記事にこんな事が書いてあった。

有名なブロガーでもないのに「あれ食べた」「これ食べた」「あそこ行った」なんて
文字数も少ない投稿で

「アクセスが増えない!」

ってそれは当たり前ですから。。

http://rentalhomepage.com/ikurakasageru/

すごく当たっていて、多くの人が失敗する原因(理由)ですね。

僕の中でブログで書いては行けない掟みたいなもの(例えば、エロ)がある。その中の一つ食だったりする。僕のブログではたまにコンビニ飯を紹介する事があるので誤解されると思うけど、僕の言う「食」は感想です。例えば、デニーズに行って「ハンバーグ食べたぞ!」みたない感想は絶対にしてはなりません。まぁ書くだけなら許しますけど、確実に反応が無いと覚悟した方がいいです。じゃあ飯はブログにおいて邪魔者なのか?というと、そうではない。むしろ、飯を美味く利用すれば、ヒット記事を連発する事だって可能です。つまり、飯を「感想」ではなく「情報」に昇華させる事です。

例えば、「今日、デニーズでハンバーグを喰ったよ、クーポンで30円安くなったんだ。うまかったなー、また食べたいなー。」と書いたとする。正直、これには何の価値もない自己満足の世界ですが、これを「デニーズでハンバーグを30円引きで食べる方法」と、情報として提供すればどうでしょう?立派な情報ですよね。これだったら検索で「デニーズ ハンバーグ 30円引き」というワードにヒットします。

テレビでも「ラーメン・警察・マグロ」は視聴率が良い3大テーマだとされているように、食は人の注目を集めます。それを美味く利用すれば、人気ブログを作る事も不可能ではありません。

つまり、

「飯」=感想

ではなく、

「飯」=情報


に変換する。

ここからは実例を元に「飯」を情報に変える方法を模索して行きます。

[A] アド街「横浜中華街」で紹介されてた美味しそうなお店まとめ

アド街+飯+まとめ

【ガリタ食堂で紹介】はみ出るカルビで有名な「ふたご」が渋谷センター街に新規オープンしたので行ってきたぞ!

めちゃイケ+飯+驚き

六本木一丁目駅のすぐ近くで電源のあるカフェ め〜んずスタジオ

六本木+カフェ+電源+場所+ノマド

例えば、コンビニのメロンパン一つにとっても、「コンビニチェーン大手のメロンパンを比較してみた」の方がいいわけです。大事なのはイメージですよね。来る人の事を想像して、こんな情報を提供すればいいのかな?といった事を考える。これは断言できますが、食は儲かる分野です。雑草がぼうぼだからこそ刈り取った先に意味があると思います。
スポンサーリンク