ソニーコンピューターエンタテイメントは9月9日、テレビに繋いで遊ぶ小型のゲーム機「PlayStation Vita TV」を発表した。発売は11月14日に発売で、価格は9,954円(税込み)とされる。これはPS史上最も小型なゲーム機で、「PS VITA」のゲームの他に、PSアーカイブスやPSPなど1,300タイトルのゲームを遊ぶ事ができる。VITAに関しては全てのゲームがプレイできるわけではなく、タッチパネル操作の作品に関しては、一部利用できないものもある。

PlayStationRVita TV


その他にも、「TSUTAYA TV」「niconico」「Hulu」「スカパー!オンデマンド」「TBS 世界遺産セレクション」「DMM.com」「テレビドガッチ」「世界遺産」「U-NEXT」といった動画サービスに対応している。本体のみでの購入も可能だが、8GBのカード、「デュアルショック3」付きのバリューパックも1万4994円(税込み)で発売される。PSVITAでも過去の名作は遊べるが、個人的には「テイルズ オブ エターニア」などの作品が遊べると嬉しい。最近のソニーは革新的な商品を次々に打ち出しているだけに、この製品には注目が集まりそうだ。今後のアップデートでPS4のリモートプレイ、「PS Vita TV」で、ほぼすべてのプレステ4専用タイトルを、PS4のコントローラーに対応しているようで、PS4の殆どの作品でリモート操作が可能になるそうだ。
スポンサーリンク