任天堂は8月28日(米国時間)に、ニンテンドー3DSから3D機能を省いた安価なモデル「ニンテンドー2DS」をアメリカで10月12日に発売すると発表した。苦戦する業績改善とゲーム人口の拡大を狙っての戦略と見られる。2D発売と同じ日は「ポケットモンスター X・Y」の発売日。アメリカの販売価格は129.99ドル(約1万2,700円)となる。3Dを鳴り物入りで発売した任天堂だが、ここに来て戦略の展開を求められているのかもしれない。

任天堂は現在、スマートフォンなどのソーシャルゲームによって業績が減少傾向にある。
キラーソフトであるポケモンと同時発売する事で勢いを付けたい狙いがあるのかもしれない。

話によると、この2DSの液晶は従来のDSと異なり、1枚の液晶パネルで構成されているらしい。
2枚の液晶をプラスチックで仕切っている格好だ。

YouTubeの動画などを見ると、米国のユーザーは否定的な反応を示している。


スポンサーリンク