DSC00019


新しいデジカメやビデオカメラを買って、SDカードを新調する人は多いと思います。ただ、実際に家電量販店に行くと、壁一面にSDカードが並んでいて「どれを買えばいいんだ?」と悩んだ経験を持つ人も多いと思います。「容量の大きいものを選べばいいんでしょ!」と思っている人もいるかもしれませんが、実はカードの種類によって性能は全然違います。ロゴの周りに付いている数字っなんた?SDHCってなんだ?

今回は、そんな「SDカード」の選び方を説明してみょうと思います。

●「SD」「SDHC」「SDXC」って何だ?

SDカードを買いに行くと様々なカードがありますが、現在、SDカードには3つの種類があります。

「SD」「SDHC」「SDXC」

それぞれ特徴があるので簡単に説明すると、

SDカード=容量が128MBから2GBまでのカード。
SDHCカード=容量が2GBから32GBまでのカード。
SDXCカード=容量が32GBから2TBまでのカード。

大体、一般的に普及しているSDカードは「SDHCカード」だと思います。さすがに今の時代、128MBのカードを使用している人は少ないでしょう。実際、どれくらいSDカードで撮影できるのか?例えば、1200万画素のカメラの場合、1枚を3.8MBで計算すると、

SDカード=2GBなら480枚
SDHCカード=16GBなら4210枚
SDXCカード=48GBなら約1万5520枚

の撮影が可能です。

●○の中に書いてある数字って何?

これは意外と知られていませんが、SDカードの右側に小さく「○の中に数字」が書かれている物があります。実は、この数字には意味があって、SDカードには現在4つの種類があります。

CLASS◆疇匹濬颪時のデータ転送速度が最低2MB/秒
CLASSぁ疇匹濬颪時のデータ転送速度が最低4MB/秒
CLASSΑ疇匹濬颪時のデータ転送速度が最低6MB/秒
CLASS=読み書き時のデータ転送速度が最低10MB/秒

これは写真を撮影する際には、大きな違いはないんですが、動画を撮影する際には大きな違いを生みます。最近はYouTubeに動画を投稿する人も多いと思いますが、動画を移動される際や撮影する際に転送速度が早い方が大量のデータを転送する事が可能です。HDで動画を撮影する際なんかには、転送速度が高い方が良いと言われています。逆の意味ではデジカメで通常の撮影する際には、それほど高速のSDカードが必要というわけではありません。

(※デジタルカメラやパソコンによっては、高転送度のカードが使えない場合もあります。)

●SDカードを買う際の注意点。

簡単に説明すれば、

・自分が使う容量のサイズを確認する事。容量の多いものは高いですが、あまり多すぎると撮影した画像を探すのが大変です。
・SDカードのCLASSを確認する。動画を撮影する人は高CLASSの物を選んだ方がいいが、高性能なほどSDカードの価格が高いので注意が必要。
・「SD」「SDHC」「SDXC」デジカメやパソコンによっては使用できない場合もあるので事前に要確認。

とりあえず、売れ筋のSDカードを買えば問題ないと思いますが、少し確認してから買うと良いと思います。

スポンサーリンク