今や老若男女問わず国民的作品となった「ONE PIECE」です。連載から10年以上たった今でも、根強いファンを持ちます。コミックが発売される度に「何百万部突破!」といった事が注目を集めますが、やはりONE PIECEファンにとって一番の関心事と言えば、ずばりゴールド・ロジャーが残した大秘宝「ONE PIECE」とは何なのか?という事です。おそらく最終回でその正体が明らかになるのだと思いますが、そこで気になるのが「ONE PIECE」はいったい何巻で完結するのか?という事です。

これには色々な説があって、ファンの間で言われているのが「100巻完結説」と「120巻完結説」です。
ストーリーテラーの尾田先生の事ですから、何か企んでいる事は間違いなさそうです。

では、具体的に「100巻完結説」と「120巻完結説」を検証してみましょう。

●100巻完結説を検証する。

まず、一番有力なのがキリの良い「100巻完結説」です。
100巻完結という事は、ずばり真ん中は50巻になりますね。

DSC00395


この説の根拠となるのが、コミック50巻に収録されている話です。
ONE PIECEファンなら知っていると思いますが、ONE PIECEの物語は世界の真ん中を一周するグランドラインを航海する物語です。その終点地点が「ラフテル」という場所で、唯一、ゴールド・ロジャーがたどり着いた場所で「ONE PIECE」のある場所とされています。その中間がレッドラインという場所なのですが、その先が現在、連載中の「新世界」という場所になります。

真ん中の50巻では何があったのか?というと、、。

DSC00397


再び辿りつくというタイトルで、

DSC00396


つまり、50巻で丁度グランドラインの真ん中である「レッドライン」の中央に到達したという事になります。それに加えて、57巻で通常よりも1話多く収録したために、現在の最新刊70巻で700話。100巻丁度で1000話という区切りの良い数字になるというのが根拠でもあります。

一部の話によると、50巻の表紙のタイトルが真ん中に寄っているのが「半分」という説もあります。

●120巻完結説を検証してみる。

次に120巻終了説を検証してみます。120巻完結説の根拠となっているのが、半分のスタートとなる61巻にあります。この表紙が1巻の表紙と構図が同じだというのが、、

DSC00252


これに加えて、収録されている話で、

DSC00253


というのがありますが、これは1巻目の「ワンピース ROMANCE DAWN 冒険の夜明け」に似ていて、「ワンピース ROMANCE DAWN 新世界の夜明け」となっています。これが120巻が完結で完結するのではないか?という説です。丁度、レイリーとの修行を終えて麦わら一味が再集結し、1巻同様にルフィが「俺は海賊王になる!」と叫ぶ場面があります。

●100巻なら1000話、120巻なら1200話で完結する?

もし100巻を最終話にするなら中間は500話ですが、500話のタイトルは「歴史の残り火」、120巻を最終巻にするなら真ん中の600話のタイトルは「再出発の島」となっており、特にタイトルには深い意味はないように思えます。

●今後の展開を予想する。

現在はエースの悪魔の実である「メラメラの実」を巡る戦いの真っ最中ですが、今後の展開を勝手に予想するなら、

・ドクターベガパンク
・ルフィと革命家ドラゴン
・革命軍VS世界政府
・黒ひげVSシャンクス
・シャンクスとルフィ
・サボの行方
・コビーは大将になる?
・ONE PIECEを巡るルーキー同士の戦い
・くまの行方?新しい仲間?
・Dの意思
・悪魔の実の正体
・古代兵器
・空白の時代

まぁざざっと挙げればキリがありませんが、現在、70巻なのでこの120巻にしろ100巻にしろ、結構なペースで進んで行く事が予想されます。

●最短でいつ頃完結するのか?


3ヶ月に1巻のペースだと年間に4冊ですので、100巻だとあと7年半、120巻だと12年かかる計算にります。まだまだ完結しそうにはないですね。ただ100巻完結だと結構なペースで物語が進みそうです。ONE PIECEが終わるまで死ねない!と思っていた人は、まだまだ寿命が伸びそうです。尾田っちは最短でも45歳まで書き続ける計算になります(12年なら50歳か)。それはそれはで凄いな!

他にも、ONE PIECEの考察があったら書いていこうかな?と思います。
スポンサーリンク