最近、株投資の本を色々と読んでます。まだ専門的で分厚い本は分からないので、とりあえず初心者向けの本が大半です。その中でもタイトルに惹かれて買ったのが本書でした。元手もそんなに無いし、月5万円も稼げれば生活が楽になるかなー、という安易な考えです。ただ、完全に期待を裏切れました。確かに、この本に書かれている事を実践すれば月5万円稼げる可能性も0%ではない。ただ、やり方があまりにもこすいと思いました。ざっと紹介すれば、FXの口座を複数開設してキャッシュバックを貰うとか、証券会社に行って「四季報」を貰おうとか、正直に言うと、この本は株式投資ではなく、「株に関する裏技で5万円を稼ごう」といった内容です。
確かに、IPOで有名企業(最近では、サントリー食品とか、著者の例で言えばNTTの株)を手に入れれば手っ取り早く儲かるのかもしれませんが、それは株で儲けるというより、たまたま宝くじに当たったようなものです。それに加えて、優待を狙えとか、色々な事が書かれています。

僕は株は「未来の企業に投資する」ものだと思っているので、こういう方法はどうか?と思いました。この本では殆どチャートに触れる事も株式を分析する事もしません。もし上記の方法で5万円欲しいという人は実践すれば良いと思いますが、そこまでして5万円欲しいか?(もし100万円なら実践する価値あり)と言われれば、答えは限りなくNOです。勿論、投資家にとって株主優待や配当は魅力です。ANAの50%割引券とかね。ただ、あくまで株やギャンブルではなく、自分の頭をフル回転させて、将来の価値を予想する事に意義があるものだと思います。

本当に、真っ当に株式投資で5万円稼げる本なら、よかったかな?と思います。
スポンサーリンク