ネット界隈で注目を集める新進気鋭のブロガーであるOZPA氏。ブログ「OZPAの表4」を運営し、たった半年間で月25PVを稼いだ人気ブロガー。本書は、そんなOZPA氏が半年間で月25万PVを稼ぐ50個の秘訣が紹介されている。たぶん、この本は賛否両論あるだろう。正直に言うと、この本を読んで同じ事を実践したところで、月に25万PV稼げる確率は50%もないだろう。特に、本書で綴られている「はてなブックマーク」でのアクセス爆発については、1月のリニューアル移行、iPhone系のライフハック系の記事はTOPに表示される事が厳しくなった。

この本の魅力はアクセス数を稼ぐ事ではなく、ブロガーとして、どのようにブログに取り組んでいくか。という姿勢だろう。ブログの世界は努力こそが成功への近道だと思っている。つまりは、楽しんで更新を続けられるか?その先にアクセス数があるです。今回は、本書の中からブログを書き続け上で必要な事を紹介してみょうと思います。

●小銭稼ぎのためにブログをやろうとすること。
頑張ってお金を貰うことが悪いということは絶対にないですし、努力の対価が例えばサーバー代の足しになるだとかいうのであれば、それはすてきなことでしょう。ですが、ここで言いたいのは「はじめから小銭を拾いに行くようなブログを作っても、面白くないですよ」ということです。
僕の感覚では、1年以上はブログを更新し続けないと安定した収益は稼げない言えます。ジャンルによって違うと思うんですが、何年間ずっと更新し続けても安定した収益を稼げない人が大半です。稼ぐ事は良い事だと思います。自分が何かを表現してそれがお金になる。それは素晴らしい事です。ただ、それ自体が目的だと毎日更新するのは苦痛です。なかなか収益に結びつかない事で、更新するのが辛くなります。長くブログを続けるコツは自分が好きな事を、好きなような貫くことです。

●チャンスは書く事でしか生まれない
ブログは書き続けることで視点が広がり、興味のある項目が増え、さらに記事が蓄積していくことで自分そのものを形成することができる。

アクセス数云々に関しましては、努力と結果が伴わない場合が多々あります。しかし、「更新すれば記事は確実に増える」という事実は、誰にも否定することができません。そんなの当たり前じゃないかって?そうですね。当たり前ですね。しかし、その「当たり前」を本当に理解しながらブログを書き続けるのと、そうでないのとでは、確実にブロガーとしての「成長の伸びしろ」が違ってまいります。
更新すれば確実に記事が増える、いい言葉ですね。たしかにアクセスは稼げないかもしれない。ただ不思議なもので、たった10アクセスでもそれが1000個あれば1日に1万アクセス稼げるのです。1日1万件なら1ヶ月で31万件もアクセスを稼げます。ただ、それが中身の無いものでも構わないのかというと、それも違うんですよね。絶えず全力の記事を書く。つまり、短期のお金目当てではできない部分があるです。とにかく楽しんで書く事、それが大切です。

●ブログを書くのも、読んでいるのも、人
ブログを書くのも、読むのも、全ては人による仕事です。当たり前のことですが、だからこそ「ブログは面白い、悔いれない」と考えております。立派なブロガーとしての力量は一歩「深い」ものとなるのです。立派なブロガーになるために必要な「力」は何だと思いますか?

記事をいくつもアップして、ブログを続けていくための「継続力」。
旬なネタやニュースと時期を捉えては絶対に逃すまいとする「瞬発力」。
何が求められているのか、そのために必要な情報は何かを感じとる「理解力」。

最終的に一番大切なのは、あなたのブログから滲み出る「あなたの魅力」であり「あなたの個性」です。それがこそが、そのブログの価値を決めてしまうのではいでしょうか。
結局、ブログは人という事にはもの凄く同意します。こうやって書評記事を書いていますが、読者にとってそれは何を言っているのか?以上に、誰が書いているのか?という事が大切だと思います。「誰々さんの書いている事は信用できる」そう思われたらこっちのもんです。

基本的に硬派な内容だったと思います。寄稿に関しては初心者には難しいでしょうが、ブログを運営する上で大切な事がたくさん書かれています。ただ全編通してくりだされる小ネタ(笑いを狙ったボケ)に関しては賛否両論あると思います。たぶん目先のアクセス目当てで25万PVだけに注目すると、少し後悔します。
スポンサーリンク