au、iPhone5を一括0円で投げ売りへ 最低維持費も毎月わずか3円で祭り開始 | すまコジ

はてブでauのiPhone5がMNPで一括0円で売られている、という話が話題になっていました。新型iPhone5の前触れか?だったり、auは既存のiPhoneユーザーを軽視している。といった批判まで様々でした。たぶん、iPhone5も新型が発売されれば投げ売りは必須だと思いますが、今回の記事で紹介するのは、冒頭の記事で紹介されている。最安、月々3円で運用できるという事についてです。

確かに、「ウェルカム割り」を使って、パケットを変動型にすると、月々3円で運用は可能です。料金明細をネットに移行すれば、実質、ほぼ0円で運用する事も可能です。しかし、これには少し落とし穴があって。必ずしも万々歳といった契約ではないのです。本当に、一切ネットは使用しない。Wi-Fiのみの利用しかしない、という方に向けたプランです。auのサイトには、iPhoneの契約について、このような記述があります。

au
(料金プラン | 料金・割引 | iPhone 5 | au)

「LTEフラット」をお申込みでない場合は、「従量プラン」(国内通信料0.63円/KB 国内通信料上限21,000円/月)となります。」

1ページあたりのどのくらいのパケット数か必要なのか?というと、僕が加入している日本通信という会社のサイトに、サイト1回表示あたりのパケット数が載っているのですが、例えば、Yahooのトップページを開いた時のパケット数が220KBくらいです。

au
(500MBはどのくらい使えるの? | b-mobile 基本料 0円 SIM)

つまり、Yahooのトップページ1回あたりの表示料金は、「220KB×0.63円=138円」という事になります。つまり、普通のLTEフラットと同額で使える回数は、Yahooのトップページならば「5460÷138円」で約39回という事になります。それ以上は使った分だけ上限21000円までかかるので、調子に乗って使うと、パケット定額以上の金額が課金されるという計算になります。安易に「3円だ、契約しに行こう!」と思って調子に乗ると、イタい目をみます。やはり定額にはそれなりの良さがあって。本当に3円で運用できる人は本当の意味でiPhoneが必要なのか?疑問が残ります。MNPで縛りがあって、解約料金まで払って移行するのが良いのか、疑問が残ります。

やはり普通に契約して、普通に使うというのが良いんですかねー。メールと電話だけならガラケー最強!とも思いますが、、。ただ、最近の携帯キャリアは学生とMNPを優遇して既存のユーザー、特に、機種変更については冷たい印象があります。昔は機種変更でも0円とか普通だったので、今の料金体系と比べて、良かったのかな?悪かったのかな?という部分がありますよね。

【関連記事】
解約したiPhoneを780円で完全なiPod touchとして利用する方法。
iPhoneを使って、セブンイレブンを完全に自宅のプリンター代わりにする方法がすごい。
実は、iPhoneのiPod(音楽)機能はあまり使われてないのでは…という話。
SoftBankのiPhoneからauに乗り換える人必見!iPhoneを解約すると9,975円取られるすごいカラクリ。
iPhone5購入前に知っておきたい、本当は怖い?「LTE」の7GB制限の話。

スポンサーリンク