ハングリー・ラビット [Blu-ray]
Happinet(SB)(D) (2012-12-04)
売り上げランキング: 1314

今年、観た映画の中では衝撃度は高い。ニコラス・ケイジが出演を熱望したと聞く。借金苦に悩み、とりあえず稼げる映画に沢山出演しようという思惑かと思ってましたが、本作は脚本がしっかりしている。ハリウッドの大物が出演を熱望するのも頷ける。決して、ハリウッド大作ではないし、必ずしも万人ウケする作品でもない。ただ、観た人によって名作と呼べるし、観た人にとっては駄作、そんな作品に仕上がっていると思います。

高校教師であるウィル・ジェラード(ニコラス・ケイジ)は、妻であるローラ・ジェラード(ジャニュアリー・ジョーンズ)と順風満帆な生活を送っていた。しかし、ある時、妻が合奏団の練習の帰りレイプ犯に暴行を加えられる。急いで病院に向かったウィルであったが、妻は思った以上にショックを受けていた。ウィル自身もショックを隠しきれない中、病院のベンチに座っているところを、サイモン(ガイ・ピアース)と名乗る男性に声をかけられる。そこでサイモンは「我々がレイプ犯を始末しましょうか?」と提案される。その見返りとして、サイモンは簡単な仕事をウィルに依頼する。ほどなくしてレイプ犯は始末された。しかし、簡単な仕事だと思っていたウィルに新聞記者を殺すという仕事が命じられる…。

ある意味で、この作品は「勧善懲悪」をテーマにした作品だと思います。悪人を殺せば社会が良くなる。デスノート的な発想ですが、それが正解なのかは分からない。冒頭に登場したサイモンと名乗る謎の男性。ウィルの元に襲いかかる重圧。作品の中盤になっても謎は謎のまま。この後どうなるんだろう?とグイグイ作品に引き込まれている自分がいる。警察に殺人容疑で逮捕されたウィルに対して、謎の行動をとるダーガン刑事。「腹ペコのウサギは?」というフレーズを共有する謎の組織。ウィルは次々に真相に迫っていく。そこで明かされる組織の謎。友に裏切られ、そして命を狙われる。秘密の組織とは?

基本的に中盤まではいい。ぐいぐい引っ張られるし。謎の組織の陰謀が暴かれていく様子はハラハラ、ドキドキする。ニコラス・ケイジが体当たりでアクションをこなすシーンも見もの。しかし、最後のエンディングが観客の賛否を分ける。高校教師という役柄では荷が重すぎた題材なのかもしれない。24のジャック・バウアーはテロ対策ユニットという立場ならでは、ですからね。冒頭に「勧善懲悪」と書きましたが、まさに、この作品を最初から最後まで貫くものがそれだ。個人的にはこのラストに納得いかなかった。敵を倒してハッピーエンド。世界が救われました。という娯楽大作とは一線を画している。ある意味で大人向けの作品かもしれない。確かに悪を倒すことは正義なのかもしれない。しかし、悪人を殺すことで正義が守られるのか?と言えば違うと思った。

作品としての完成度は高い。ちょっと大人な映画を観たいという人にはお勧めです。



スポンサーリンク