Gap Harajuku

ユニクロの980円のTシャツや1999円の商品に比べると、1万円の商品が平然と並べてあったり、庶民価格からすると「GAP」は高価格帯のお店です。僕はずっと思っていた事なんですが、よくあの青い袋を見かける度「1万円もする服を買って、皆、お金持ちなんだな」と…。でも最近、GAP通いが日課になっている僕はある法則を発見したのです。GAPは高価格なのではなく、皆、賢く買っているのだと。つまり、そんなある法則を利用すれば、「GAP」の商品を最大9割引きで買う事でできるのです。2ちゃんねるなどでは「( ^ж^) GAPの値下げは殺人レベル」といったスレが立っているほどです。
●1.入荷したてが最高値

ファッションに敏感な人が先取りで買う服。今だったら夏前に半袖のTシャツを買ったり、秋なのに「ジャケット」を買ってみたりします。基本的に服屋業界は先取り先取りで動いています。夏の終わりに大胆にTシャツや短パンを売る店は稀です。1ヶ月、2ヶ月先を言っていると思ってください。そして、服は入荷したて、入りたてが最高値です。「定価」と表現すれば最適かもしれません。その時点では何の割引もありません。これは、お金持ちが買う値段です。基本的に日本の「GAP」で販売されている商品は本国アメリカの1.5倍増しだそうです。値引きがあって初めて定価という事になります。

値引きの事をGAP用語で「マークダウン」と言うらしいです。

この段階で買うのは正直に言って、お金持ちです。
我々庶民はこの段階では買いません。

●2.季節物は季節になってから買うべし

季節物は季節に入ってから買う事をお勧めします。今だったらTシャツは梅雨前ではなく、夏真っ盛りに買うのがベストです。既にその時点で型落ちになって、値引きされている可能性があります。僕が春先に欲しいと思っていたTシャツは元値が3990円でしたが、6月の段階で既に半値近い1990円まで値下げされています。夏になったら既に「秋物」の準備をしているのです。少しずつですが、秋物が入荷し始める頃です。

そこが安値で買うポイントです。

●3.値引きシールが貼られてからが勝負。

113.365 Gap Sales!

「GAP」は値引きシールが貼られてからが本当のスタートです。GAPのプロ級選手なら1枚目が貼られたら、2枚目はいつ貼られるだろう?と考えます。BOOKOFFと同じ感覚ですね。シールが剥がされていたり、上からシールが貼ってあれば、さらに値引きされる確率大です。普通、値引きシールというと、季節が終わってワゴンセールで細々と、というのが常識ですが、「GAP」は季節に関係なく売れ行きが悪くなったらドンドン値引きシールを貼っていきます。そして、どんどん売り切っていきます。今、僕は「GAP」のカーゴパンツが欲しいと思っています。夏に向けてジーンズに比べたら快適で丁度、季節的にはいいかな?と思っています。売れ筋ですよね。普通なら定価で売っても全然構わないと思います。しかし、GAPでは既に9900円から5990円と3000円も値引きされています。これに全品20%OFFが加われば、相当なお買い得感です。

基本的に「GAP」の商品は以下のような順序で値引きされていきます。

定価
 ↓
20%OFF
 ↓
50%OFF
 ↓
90%OFF

先日、「GAP」を訪れた際に、デニム50%OFFですよー!と店員んが言っていましたが、元値1万円のジーンズが最終的には2900円〜900円くらいまで値下げする可能性があるので注意が必要です。

ネット上でも「GAP」の値引きは異常、原価幾らなんだよ!といった指摘がされていました。

●3.全品20%OFFを狙え!

After closing time on Christmas Eve stores get ready for Boxing Day sale

GAPが他の店と違う店は、商品ごとではなく全ての商品を20%OFFで販売するキャンペーンなどにあります。不定期開催でずか、2ヶ月に1度程度の割合で開催されています。金曜日頃に開催される可能性が高いようですね。GAPが他の店と違う店は、全品を売り切ろうという姿勢です。普通、例えば「ライトオン」では、あまり値引きはせずに季節が終わると多少の値引きで店から撤去されてしまいます。これはブランドの維持が目的なのでしょう。あまり値引きばかりしていると、「今は買わなくていい」という人がでるからです。しかし、GAPは季節が過ぎても、値引きで全品を売り切るという販売方針があるそうです。東京が気温27度でも未だに厚めのGジャンを売っているのはGAPぐらいです。

●4.全品20%OFF+季節落ち=9割引ゲット!

Black Friday 2011

先日、僕はGAPでGジャンを買いました。前から欲しかったんですが、1万2000円はちょっと高いかな?と敬遠していたのですが、ふと立ち寄ったら5999円で販売していました。よし!と思って買いました。秋に着よう、良い買い物だった、と…。しかし、翌日に店に立ち寄ると4990円になっているではないですか!そして、その翌日に全品20%OFFのセール開催。うわー、今日買えばよかった!と後悔してしまいました。商品によっては定価の9割引もあるようです。つまり、チラシ広告を打たないGAPで最安値で買うためには、こまめなチェックと感が大切という事です。

価格チェックは水曜日と金曜日がお勧めです。

まとめておきます。

1.入荷したてが最高値。
2.季節物は季節に買う。
3.値引きシールが貼られてからが勝負。
4.全品20%OFFを狙う。
5.全品20%OFF+季節落ち=9割引ゲット!

ちなみに、ユニクロは折込チラシが入る土日が購入のベストです。
スポンサーリンク