最近の円安は輸出企業にとってはメリットが多いのかもしれませんが、我々消費者にとっては海外製品が値上がりするという事でデメリットが大きいです。例えば、AppleのiPhone6が円安の影響でSIMフリー版の発売が中止されたりしています。で、それはヘッドフォン業界も同じで、今週の金曜日からシェアのイヤフォンなどが最大で30%値上げ。そして、今回紹介するAKGのヘッドフォンも2月から15%の値上げだそうです。

という訳で、買うなら今ですね。

そこで今AKGのヘッドフォンの購入を悩んでいる方のために簡単にレビューをまとめておきます。

参考になれば幸いです。

●高音が凄いヘッドフォンAKGの「K550」を買ってみたレビュー。

ボクは基本的に低音の強いヘッドフォンってあんまり好きじゃないんですよね。低音を重視するならBOSEとかビーツが有名ですが、高音と中音重視で選んだのが今回購入しましたAKGでした。割と有名なものでは、開放型と呼ばれるまぁ簡単に言うと、スピーカーに近いもので音がだだ漏れという物が有名です。でもさすがに外とか深夜に使うのは厳しいだろうという事で「いいな〜いいな〜」とは思ってましたが断念。

価格.comで検索するとAKGが発売している中で開放型に近い密閉型の物がある事を知りました。それが今回、購入した「AKG k550」でした。レビューを読むと「高音が凄い」「ボーカルの声が透き通っている」という評価。これだっ!と思って値上げ前に注文しました。

まず何より、ヘッドがデカいです。

IMG_20150125_195401

●やっぱり高音が凄かった。

まだ10時間程度とか鳴らしてないので、完璧に音が出るわけではありませんが、一通り聴いた感じでは「高音の伸び」「ボーカルの息づかい」まで聴こえてきます。確かに、低音がもの凄く出ているわけではありませんが、別にもの凄く悪いわけではなく、ちゃんと鳴ってます。

とくにピアノの音であったり、ストリングスの音が凄いわけです。

ELTさんの「Time goes by」の「過ぎた日に背を向けずに、ゆっくり時間(とき)を感じて」あの部分とは超すげぇーー声が伸びる伸びる。

うわすげぇーー。

うっとり、、。

こんな音初めてだ、、。

といった感じです。密閉型の中では開放型に近い広がった音を鳴らせてくれます。ちなみに、ボクが以前使っていたソニーの「MDR-1R」これもとても良いものなんですが、あちらが万能型だとすれば、こちらは高音よりでしょうか。

とりあえず、1万円ちょいですし、気軽に買っていいレベルだと思います。
2月の値上げ前に興味のある方は購入してみてはいかかでしょうか?
スポンサーリンク