ポーカーシーン

日本のポーカーシーン

日本は常にギャンブルを法律の複雑な問題の1つと見なしてきました。ギャンブルを制限する厳しい法律があっても、一部のギャンブル活動は許可​​されています。パチンコのようなゲームは日本のギャンブラーの間でセンセーションです。それは、小売店の後ろの日本の通りで簡単に見つけることができます。娯楽目的でのみ賭けを維持するために政府協会によって制御されるスポーツ用の賭けシステムもあります。 最近、政府はリゾートで最初の3つの統合されたカジノを許可する法案を可決しました。これらのカジノは、ギャンブルを管理するためにリゾート全体のわずか3%しか利用できません。このイニシアチブは、日本により多くの観光をもたらすことを意図しています。ただし、これらのカジノで運試しをしたい地元の人は、6000円の追加税を支払う必要があります。それは、地元民のギャンブルの強制を制御します。カジノで導入される最も予想されるゲームの1つはポーカーです。これは、世界中のポーカーリーグやプロプレーヤーへの大きな招待になります。ゲームはまもなくプレイできるようになり、多くのポーカー主催者が日本のギャンブルシーンに足を踏み入れるのを待っています。 長年日本市場をターゲットにしている主要なブランドの1つは、アジアポーカーツアー(APT)です。厳格な法律により、主要なポーカートーナメントは日本市場をターゲットにすることができませんでしたが、APTは現在、日本の3つのカジノでトーナメントを提供し、プレイヤーに賞金と国際イベントをプレイする機会を誘うことができます。このパートナーシップは、イベント主催者と日本のプレーヤーベースの両方にとって有益です。最近、APTは、2月1日から3日と8から11日にカジノスタジアム東京で開催されたAPTジャパン東京2019での日本の試合スケジュールへの新たな追加を発表しました。 ポーカートーナメントのもう1つのブランドであるワールドポーカーツアー(WPT)も、東京での最初のトーナメントの開催に成功しています。ジャパンポーカーユニオンコーポレーションと協力して、彼らはベインバグースで最初のポーカートーナメントを開催しました。予選ラウンドはさまざまなクラブで行われ、460のエントリーを集めたメインイベントに至りました。木村英二が$ 10,000の最優秀賞を受賞しました。しかし、ポーカートーナメントはイベントに対する完全な権限を持たず、規制の下で制限されたままです。   統合カジノリゾート 日本は、カジノ法案に関する長年の議論の後、ようやく統合されたカジノリゾートを許可します。これにより、3つのリゾートでカジノゲームをホストできるようになり、ポーカーは誰もが待ち望んでいるゲームの1つになります。多くの人はポーカーがカジノリゾートで許可されるかどうかまだ疑っていますが、カジノがポーカーゲームをホストしている場合、ゲームの公平性のための厳格なルールとともにプロのディーラーが必要になります。